お腹まわりや腰まわり、なんだかぷよぷよたるんできたなぁ…そう思ったことはありませんか?そのぷよぷよ、内臓脂肪が溜まり始めたサインかもしれません。

ついてしまった脂肪を落とすのは大変ですが、放っておくと生活習慣病を引き起こすやっかいな内臓脂肪。実はサプリメントを飲むことで落としやすいという特徴があるのです。

内臓脂肪を落とすサプリメントランキング!

内臓脂肪減らすサプリ1位 シボヘール

(1日約93円!)980円

3218円が、WEB限定割引で980円キャンペーン中

シボヘールの特徴は、
  • 機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」配合
  • 内臓脂肪と皮下脂肪を減らすのを助ける機能があることが報告されている
  • お腹周りの肥満気味やBMIが気になる方に適した食品サプリ
  • いつでも解約可能
  • BMI25~30の肥満気味なモニター対象研究で「お腹の脂肪を減らす効果」が報告済
  • 飲みやすい錠剤
  • 3ヶ月で効果を実感した体験者多数報告
  • 内臓脂肪・ダイエットサプリとして、人気度1位(当サイト調べ)
  • 日本国内工場で製造した「日本製サプリメント」
お腹の脂肪を減らすサプリとして最近注目を集めている機能性表示食品『シボヘール』は、「体重を減らす」「お腹の脂肪を減らす」「ウエスト周りを減らす」働きがあるサプリ食品です。

「葛の花のイソフラボン成分」という漢方で、摂取することで燃焼しきれずに余ってしまったエネルギーを脂肪になる前に分解してくれる効能が期待できます。

キャンペーン価格として、1ヶ月分3218円が送料無料で980円(税込)で購入できる時に試すのがおすすめです。

人気、実力ともにナンバーワンの内臓脂肪を減らすサプリといえます。

内臓脂肪減らすサプリ2位 きなり

1980(税込)円

5695円が初回1980円!返金保証付

きなりの特徴は、
  • オメガ3+を配合
  • DHA・EPA・DPA配合
  • クリルオイル配合
  • ナットウキナーゼ配合
  • 魚臭さゼロ!
  • アスタキサンチン配合
  • 3年連続モンドセレクション最高金賞受賞
  • 特別価格モニターで67%OFFの1980円(税込)
  • 返金保証あり
  • 純国産の安全な原料を使用
  • リピート率、脅威の92,3%
  • GMP取得工場で製造
  • 肥満や内臓脂肪が気になる人におすすめ
内臓脂肪を減らしたい方、お腹周りが気になる方に、代謝機能を促進する血液サラサラ効果のあるDHA・EPAを高配合したサプリメント「きなり」がおすすめです。

血液をサラサラにするクリルオイルや、健康効果のあるナットウキナーゼやアスタキサンチンも含まれているため、体への吸収力・浸透力が違い、脂肪の減少に効果があり、
購入者のリピート率、脅威の92,3%という人気商品。 
特別価格モニターで67%OFFの1980円(税込)と格安で購入できるタイミングで購入するのがポイントです。

内臓脂肪減らすサプリ3位 生漢煎 防風通聖散

3900(税抜)円

7800円が初回限定で3900円!

生漢煎 防風通聖散の特徴は、
  • 累計販売450万包突破の大ヒット商品
  • 18種類の生薬を配合
  • 有効成分4,500mg凝縮
  • 肥満対策としての専門サプリメント
  • 第2類医薬品として薬局でも販売中
  • 肥満症・便秘・むくみに効果あり
  • 通常7,800円が初回限定で3,900円で購入可能
  • 「イチおしセレクション」(TV番組)での紹介
  • ミランダカーなど海外セレブも注目のサプリ
  • 基礎代謝大幅アップで、内臓脂肪を落とす効果
  • 89,7%の方が定期コースを申し込んだ実績
  • 漢方なので安全性は抜群
生漢煎 防風通聖散は、漢方・生薬を使用して第2類医薬品として薬局でも販売している、たしかなサプリメントとして人気があります。

効果としては、肥満症・便秘・むくみに効果があり、基礎代謝を大幅にアップさせることで内臓脂肪を減らしたい人におすすめできます

効能が認められた肥満対策医薬品の「生漢煎 防風通聖散」は、今なら限定割引価格で50%OFFの3900円で購入可能です。

【皮下脂肪と内臓脂肪】

脂肪は大きく別けて2つの種類があります。

皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪で、主に体温を維持したり、外からの衝撃を和らげるクッションのような役割を果たしてくれます。女性の妊娠や出産時に果たす役割も大きく、女性ホルモンの分泌と深く関わりがあるので、皮下脂肪は女性に付きやすいとも言われます。

脂肪細胞が大きく、また皮膚のすぐ下につく蓄積されるので見た目ですぐに脂肪がついたと分かりやすく、気になりやすいものです。

カロリー摂取量が多かったり、運動不足や姿勢が悪いことが原因で、特に筋肉がない部分から付きやすい脂肪です。
内臓脂肪は文字通り内臓についた脂肪のことです。

心臓や肺などは肋骨などの骨で守られていますが、骨のないお腹のなかには内臓が収まっている腹腔という空間があり、そのなかにある臓器を固定する腸間膜は腸などの臓器を守る働きがあります。

この腸間膜に蓄積される脂肪のことを内臓脂肪と言います。

内臓脂肪は臓器を守るだけでなく、アディポネクチンというたんぱく質を分解する成分を作り、インスリンの働きを増強、血管を広げ血圧を下げる重要な働きがあります。

ですが、体内で消費しきれなかったエネルギーが脂肪としてどんどん蓄積され、内臓脂肪が増えすぎると逆にアディポネクチンを作る能力が低下し、肥大した脂肪細胞TNF-aがインスリンの効きを悪くし、高血糖を招き、糖尿病のリスクも高まってしまいます。

【蓄積された脂肪がもたらす悪影響】

見た目がだらしなく、スタイルが悪くなるだけでなく、様々な悪影響も引き起こす場合があります。皮下脂肪の場合、関節痛や睡眠時無呼吸症候群の恐れがあったり、運動能力が低下することもあります。

燃焼しにくい性質を持っており、運動やダイエットをしてもなかなか落とせない厄介な皮下脂肪ですが、少なすぎてもホルモン分泌に影響を与えるので、女性ならば生理不順や不妊などの異常が現れることもあります。

内臓脂肪の場合、増えすぎると血管も硬く脆くなり、動脈硬化による狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳卒中など生活習慣病になりやすい状態になってしまいます。

【内臓脂肪が溜まりやすい人の特徴】

食生活に偏りがあり、脂っこいものや刺激物を好んで多く摂取する、お酒を飲むことが多い、たばこをよく吸うといった方や、日頃から運動をしない、生活が不規則で睡眠不足になりがち、ストレスが溜まっているなどで基礎代謝力が落ちてる方は内臓脂肪が溜まりやすい傾向にあります。

【内臓脂肪は落としやすい】

カロリーや糖質・脂質をとりすぎで、かつ運動もせずエネルギーが余ってしまうと脂肪として蓄積されていくわけですが、内臓脂肪は皮下脂肪より先にエネルギーとして消費され、燃焼しやすい特徴があります。

ですので、取りすぎず代謝を良くしてあげればきちんと落とすことが出来るのです。

【食べることにも役割がある】

食事を制限するのが手っ取り早いと思うかも知れませんが、減らしたほうがよいものと、適量を取ったほうがよいものがあります。

炭水化物は三大栄養素のひとつであり、生命維持のための重要な栄養素です。食べることにより食物繊維と糖質に分解され、食物繊維は脂肪を吸収して体外へ排出する働きがあります。

糖質は吸収されると血液によって全身は運ばれて脳の働きを良くしたり、筋肉を使うためのエネルギーになります。脂質も三大栄養素なひとつです。

摂取することにより様々な脂肪へと繋がり、細胞膜を造る成分になったり、エネルギーの源となります。もちろん取りすぎれば余分な脂肪として蓄積されてしまいますが、必要量より多く取らなければきちんと消費されて体が正常に機能するための働きをしてくれるのです。

そして出来れば制限したほうが良いものとしてはアルコール類があげられます。日本酒は米から、ビールは麦から造られていますね。米や麦は糖質を多く含むので、糖質を余計に摂取してしまう可能性があります。

また、アルコールは肝臓で分解されますが、このとき中性脂肪が発生するしくみになっているため脂肪として溜まりやすくなる傾向にあるのです。

【運動にも少しコツがある】

適度な運動は足腰が弱って筋力が低下するのを防いでくれるので、日常的に体を動かすことは健康にもとても良いものです。

お腹まわりがきになるからと一生懸命腹筋など筋トレをしているのにあまり効果が出ない場合があります。筋トレは直接内臓脂肪に効き目があるものではありませんので効果が薄いかもしれません。

ですがインナーマッスルを鍛えることで基礎代謝力がアッブし、脂肪を燃焼しやすい体質へと改善してくれます。その上で、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を取り入れると効率よく脂肪を燃焼してくれるので、結果内臓脂肪がどんどん減っていくことになるのです。

筋トレと有酸素運動のどちらも行うことが内臓脂肪を減らすための有効な手段です。

【最近では内臓脂肪に働きかけるサプリメントも】

食事に気を付ける、運動して頑張ってみると思っても実際には毎日同じように続けることが困難なときもあります。頑張ろうと張り切りすぎて逆にストレスになってしまうようなら本末転倒ですよね。

最近では内臓脂肪減少に有効な成分をギュッと詰め込み、サポートしてくれるサプリメントも数多く見かけるようになりました。

錠剤やカプセル、粉末状のものなど形状も様々で、飲みやすいものを選ぶことが出来ます。サプリメントでは不足しがちな栄養素も補うことが出来、内臓脂肪を減らす効果だけでなく、便秘も解消して美容にも良いと飲み続けることにより効果を実感することが出来ます。

普段の食事からは十分に摂取しきれない青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)や、代謝アッブに効果的なLカルニチン、脂肪を分解吸収されないように働きかけそのまま包んで体外に排出するデキストリンなど、サプリメントならではの様々な効果もありますので、上手に取り入れて生活習慣病のリスクのある内臓脂肪を減らし健康的でスッキリとしたお腹まわりを手に入れてください。

Copyright© 内臓脂肪、減らす方法@おすすめサプリメントの効果! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.